NZ アボカド

アボカドの蕎麦

Soba di avocado

イタリアにもある蕎麦粉 イタリアでは幅広い麺、ピッツォケッリとして、山岳地帯でチーズソースでよく食べます。
今回は日本人風、蕎麦風に仕立て、家庭でも楽しめるソースにしました。

材料:

    (アボカドの蕎麦)

  • 蕎麦粉 600グラム
  • アボカド 1個
  • 小麦粉(打ち粉として)
  • 水  200ml
  • (ソース)

  • ニンニク 1片
  • 鷹の爪  1本
  • トマト  1個
  • アボカド 1個
  • 和風だし(めんつゆでOK) 少量
  • バジル  1枝
作り方:
    ① 冷たいフライパンにみじん切りのニンニク、オリーブオイルを入れる
    ② ニンニクが沸いたら鷹の爪をいれ、きつね色になったらカットしたトマトを入れる
    ③ 日本風に塩の代わりに和風だしを加える
    ④ 茹でた蕎麦と和え、仕上げにバジルをちぎっていれる
    ⑤ 注:ニュージランド産アボカド大玉一個に対しての分量となりますので、適宜調整をしてください。


chef akutsaki
イル・ファボーレ Chef Akatsukiの紹介
経歴:
大学中退後、イタリア料理の世界へ。
町田のレストラン等を経て24歳で渡伊。
帰国後、銀座や恵比寿のレストランで勤務。
29歳で独立して、イル・ファボーレを開店して現在に至る。

リストランテのコンセプト:
皆様のお気に入りのリストランテになれるようにとの想いを込めて。同相模原市の無農薬農家(津久井)を使い、旬の食材とお客様のニーズに合わせて料理を提供しています。イタリアで学んだ郷土料理、マンマの味に日本人特有の和食のエッセンスもプラスした相模大野流イタリアン。

IL FAVORE(イル・ファボーレ)
神奈川県相模原市南区相模大野8-6-16スカイビル1F