ブログ

アボカドの保存方法

アボカドの保存方法

誰もがアボカドが無駄になることを懸念しています- 例えば、もしも早熟のアボカドに包丁を入れてしまったとしましょう、こんな時にはどうしますか?

ここではそんな事態に備えて、包丁を入れた後に出来る裏技を紹介します。

✅ 1. 早熟のカット・アボカドを保存する
カットされた身の部分にレモンあるいはライム・ジュースをかける。
カットされた面を合わせて、丸ごとのアボカド状態に戻してラップをきっちりとかける。
アボカドの状態を確認して、柔らかくなったら食べる。アボカドの熟し具合は固有なので、時間ではなく様子をきちんと見るようにしよう。

✅ 2. 熟したカット・アボカドを保存する
アボカドと細かく刻んだ玉ねぎを一緒に密閉容器に保存する。
アボカドを5℃以下で保存し、冷凍しても良い
アボカドにライムあるいはレモン汁をかける
アボカドをラップで包み、密封容器で保存する

✅ 3. 熟したアボカドを丸ごと保存する
熟したアボカドは丸ごとの状態であれば、冷蔵庫で2-3日保存が出来る

✅ 4. 熟していない、硬く、または青い状態のフルーツは室温で4-5日かけて熟成する。熟成を遅らせたい場合には、冷蔵庫で保存する。