ブログ

アボカドは赤ちゃんとお母さんの救世主

NUTRITION-BABY AND MOM

アボカドは赤ちゃんとお母さんの救世主

みなさん、こんにちは。

寒い時期が続き、新年の準備や仕事納めに大忙しで体調管理も慎重になりますね。今回のテーマは、妊婦さんと赤ちゃんにとても大切な栄養素・葉酸と、アボカドの関係についてお伝えします。葉酸というのはビタミンの仲間で、大人(18歳以上)は1日240μg摂取が推奨されています。また、妊婦さんの推奨量は妊娠週数によって違いますが、付加的に 400µg/日の摂取が望まれています。

では、なぜ葉酸が重要なのか?葉酸は新しい細胞や組織を作るのにとても重要な役割があります。また、DNA合成の手助けも担っているのです。もし妊婦さんが葉酸を不足してしまったら、胎児に大きく影響してしまい、神経管閉鎖障害という先天的欠損症を起こす危険性が高まってします。

それがアボカドと何の関係あるのか?アボカドにはたくさんの栄養素が含まれていますが、葉酸も含んでいます。特にニュージーランド産のアボカドは他のアボカドよりも多く含まれており、1/2個で81.6 μg 葉酸が入っています。また、ある研究で、アボカドを含むいくつかのフルーツ・野菜には出生結果改善や妊婦さんの健康に様々な効果をだすと示唆されています。葉酸のサプリメントも推奨されていますが、自然に食品から摂りたいという方に、アボカドをおすすめします。

アボカドは生でも火を通しても料理ができ、どんな食材とも相性が抜群。料理しやすいこともありますが、葉酸以外にもビタミンA,E,カリウム,一価不飽和脂肪酸などの必須栄養素も取れるというのがアボカドをおすすすめする理由でもあります。また、アボカドは離乳食にも利用できることを知っていますか?日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、マイルドな味わいだけでなく、滑らかな触感、甘すぎないことから、乳児の食事としても利用することができます。離乳食の1例でスイートアボカドピュレというのをご紹介します。こども用フルーツジャム、プレーンヨーグルト、皮をむいたアボカドのピュレをすべて1:1:1の割合で小さい器に入れ、軽く混ぜて完成です。

アボカドは大人から子供まで楽しめるスーパーフードです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

参考文献

  • 日本人の食事摂取基準(2015 年版)
  • New Zealand Avocado https://www.nzavocado.co.nz/online/nutrition.csn
  • Comerford, K., Ayoob, K., Murray, R., & Atkinson, S. (2016). The Role of Avocados in Complementary and Transitional Feeding. Nutrients, 8(5), 316. doi:10.3390/nu8050316
  • May 1, 2003 | Baby Talk l Author: Emily Hebert | Page: 60 | Section: Table For 2: Nutrition News For Baby And You l 465 Words | Readability: Lexile: 1390, grade level(s): >12 https://infoweb.newsbank.com/apps/news/document-view?p=AWNB&docref=news/10E678EA256549B8

日本で委託給食会社(病院配属)で管理栄養士として勤務したのち、渡米して現在は、栄養学専攻で大学院兼、登録栄養士のインターンをしています。栄養オタクで常に栄養と食べ物、病気の関係を調べています!心も身体も健康になるように食事を楽しんでいます。でいかがでしょうか?